top of page

学生が学会発表を行います。


日本化学会第103春季年会(2023)

3月23日(木)[講演番号 K704-2vn-07(口頭発表)]

ボロン酸触媒によるアミノ酸エステルを基質とした触媒的ペプチド結合形成反応の開発

高橋 那央也,髙橋 愛梨,嶋田 修之


日本薬学会第143年会

3月26日(日)[講演番号 26P1-am1-010(ポスター発表)]

触媒的ペプチド結合形成反応を基軸とした2,5-ジケトピペラジンの迅速合成と応用

腰塚 正佳,篠田 開人,牧野 一石,嶋田 修之


3月26日(日)[講演番号 26P1-am1-011S(ポスター発表)]

位置選択的アシル化反応を利用したケルセチン配糖体天然物の短工程全合成

中川 慎之輔,中村 優生,高橋 那央也,牧野 一石,嶋田 修之


3月27日(月)[講演番号 27B2-pm03S(口頭発表)]

ボロン酸触媒によるβ-ヒドロキシ-α-アミノ酸エステルを基質とした触媒的ペプチド結合形成反応の開発

髙橋 愛梨,高橋 那央也,嶋田 修之


3月28日(火)[講演番号 28B2-am11S(口頭発表)]

アンモニア水溶液を用いた第一級アミドの触媒的合成法の開発

岩澤 太陽,高橋 那央也,牧野 一石,嶋田 修之




最新記事

すべて表示

論文が Synfacts として選定されました。

ボロン酸触媒によるペプチド結合形成反応に関するChem. Commum. の論文が Synfacts に選定されました。 Synfactsは,学術誌に掲載された有機化学に関する最新の論文の中から,特に優れた研究を専門家が選定して紹介する,ドイツのThieme出版社のレビュー誌です。

bottom of page