top of page

研究成果が,『科学新聞』に掲載されました。

ボロン酸触媒反応によるペプチド結合形成に関する研究が,『科学新聞』の記事として掲載されました。『科学新聞』は,科学技術の進歩に寄与し豊かな社会発展に貢献する唯一の専門誌です。


科学新聞HP:https://sci-news.co.jp



最新記事

すべて表示

論文が Synfacts として選定されました。

ボロン酸触媒によるペプチド結合形成反応に関するChem. Commum. の論文が Synfacts に選定されました。 Synfactsは,学術誌に掲載された有機化学に関する最新の論文の中から,特に優れた研究を専門家が選定して紹介する,ドイツのThieme出版社のレビュー誌です。

嶋田先生が招待講演を行いました。

嶋田先生が,相模中央化学研究所主催の第27回農薬相模セミナーにおいて招待講演を行いました。 相模中央化学研究所は,歴史と伝統のある『有機合成化学の研究を中核に据え、国内外の産業および学術の進歩・発展に資する有用物質、ならびに有用物質の効率的な製造技術の創製』を使命とする公益財団法人の研究所です。これまでに,日本を代表する数多くの著名な有機合成化学者が在籍しています。今回は,嶋田の清水研時代の後輩に

bottom of page