top of page

論文が Chem. Commun. に掲載されました。

 ジボロン酸無水物触媒によるアンモニア水溶液をアミン源とする第一級アミドの触媒的合成法に関する論文が,権威と歴史のある王立化学会発行の速報誌である Chemical Communications に掲載されました。


 当研究室の科目等履修生(外研生)の高橋那央也さん と 大学院相関理化学専攻修士1年の岩澤太陽さんが実験者として主たる貢献をした研究成果です。


 多くの医薬品構造中に含まれる第一級アミドを,安価で入手容易なアンモニア水を用い,環境調和性の高い方法で合成することに世界で初めて成功しました。本研究の鍵は,当研究が独自に開発に成功したDBAA触媒の利用です。DBAA触媒を用いることにより,従来不可能であった含水溶媒系での脱水縮合アミド化反応を実現することができました。本研究成果は,通説を覆す重要な知見です。


 

 


最新記事

すべて表示

メンバーを更新しました。

嶋田研第三期生7名の配属が決定しました。修士2年生5名と修士1年生3名,嶋田をあわせて16名体制で2024年度がスタートしました。

Comentários


bottom of page